会社情報

会社名 ドイデンキ株式会社 (旧:土井電機株式会社)
取締役会長 土井 信幸
代表取締役 土井 ひろこ
所在地 東京都渋谷区神宮前6-12-18
電話番号 (代表) 03-4400-1136
(宮城県仙台市) 022-200-2955
(千葉県千葉市) 043-400-2822
(埼玉県さいたま市) 048-606-2944
(神奈川横浜市) 045-900-0123
(大阪府大阪市) 06-7166-7224
(広島県広島市) 082-909-2870
(福岡県福岡市) 092-600-4643
設立 大正6年(1917年)9月29日
事業内容 ・高圧受電装置(キュービクル)修理費用サポート事業
・NTTドコモ様向け外部衛星アンテナ用特殊アンテナ金具の製造販売事業
・IoTデバイスの開発・販売(建設業・物流業・農畜産業・介護)
・IoTデータ解析サービスのご提供/防災ソリューションのご提供
主な取引先(順不同) NTT東日本株式会社
NTT西日本株式会社
株式会社NTTドコモ
株式会社NTTデータ
日本電機株式会社
GS YUASA
シンフォニアテクノロジー株式会社
共立建設株式会社
関連会社 DOI.HOLDINGS (東京)
DOI INVESTMENTS PTE. PLC. (シンガポール)
鍼灸美容研究所 (東京)
KAKEHASHIキャリアズ (東京)

100年の歴‍‍‍史

1917年 土井行雄(初代社長)が、白金高輪に土井電機製作所を創立。通信機器部品の製造開始。
1925年 通信省の指定登録を受け、配線かんを納入開始。
1948年 法人組織に変更し、土井電機株式会社と改称。土井行正が社長に就任(二代目社長)。
1950年 日本電信電話公社に端子かん、配線かん等を納入。
1954年 日本電信電話公社納入製品の専用工場を新設。
1958年 日本配電盤工業会に加入。端子函配線函工業協同組合に加入。
1959年 ヒューズ短絡試験研究室を新設。
1962年 配電盤用ヒューズの型式認可、日本ヒューズ工業会に加入。
1965年 樹脂成形部品の製造工場を新設。
1981年 本社屋を新築。土井知幸が社長に就任(三代目社長)。
1985年 日本電信電話会社納入製品向けの自動製造設備導入。
1988年 全国通信線路用機器材工業協同組合に加入。
1989年 接続端子かんのVA提案を日本電信電話会社より採用される。
2001年 全国通信用機器材工業組合に加入。
2008年 三幸電機工業組合株式会社を吸収合併。
2012年 四代目社長に土井信幸就任。
NTTドコモ衛星外部アンテナ用取付金具の耐風圧計算サービスの提供を開始。
2013年 手帳型経営計画書を品質マニュアルとしISO9001, 14001審査合格。
【介護事業】 機能訓練型デイサービス”ステップぱーとなー白金”、”ステップぱーとなー麻布”をオープン。
2016年 渋谷桜丘町に本社移転。
【建設業向けIoT製品】「浸水監視システム」販売開始、ヒット商品となる。
【アンテナ金具】NTTドコモ衛星外部アンテナ用取付金具DCM4000シリーズ(耐風圧 瞬間最大風速70m/s)、5000シリーズ(耐風圧 瞬間最大風速90m/s)報道発表・販売開始。アンテナ金具販売累計本数が 1000本を超える。
2017年 【物流業向けIoT製品】米国Orbcomm社 GT1100, PT7000販売開始。
【IoT製品】「見回りたのめ〜る」製造・販売開始。
【IoT製品】CISCO LoRaWan向けアンテナ用に取付金具を販売。
アンテナIoT事業本格化に伴い、介護事業を売却。
2018年 【建設業向けIoT製品】「コンクリート温度監視システム」販売開始。
2019年 「土井電機株式会社」から「ドイデンキ株式会社」へ社名変更。

▶ ドイデンキの沿革はこちらから

▶ ドイデンキの福利厚生(DOI.HOLDINGSのサイトへ移動します)